JIJICO

大塚 麻由実さん

心理カウンセラー

もっと早く知っていれば良かった!子育てのストレスの原因と解消法とは!?

2018年1月12日

解決!アスクミー JIJICO

子育てにストレスを感じてしまうのはどこに原因があるの?

初めての子育てでわからないことばかりなのに…誰も手伝ってくれないし、どうしたらいいのだろうと困っているお母さんはたくさんいらっしゃると思います。

かわいくて仕方がないはずの我が子なのに、どうしてストレスの原因になってしまうのでしょうか?

気づかぬうちに、私は母親だから頑張らなくてはならないと思ってはいませんか?
また、自分一人で背負いこんではいませんか?

そのストレスは、実は外部ではなく、自分の中に原因があるのです。

子育てにストレスを感じてしまうのは、自分の思うようにいかないことから、感情を揺るがせ、ストレスを生み、心に余裕をなくさせてしまうからなのです。

どんなときに自分の感情が揺れ動くのかを把握する

それでは、どうした時に自分の感情が揺れ動くのかを考えてみましょう。ノートに書きだしてみても良いでしょう。

たとえば「早く寝てくれない」「ご飯を食べてくれない」「いうことを聞いてくれない」
これは「自分の時間がない」「思うようにいかない」「頑張ってやっているのに」ということになり、「自分に時間がほしい」「自分の思い通りにしたい」「認めてもらいたい」ということに繋がるのです。

どんな時に感情が動くのかを細かいものでも洗い出して整理すると、気持ちも整理されていくのでおすすめです。

そこで自分の中に出てきたものと逆のことをすればストレスは減るということになります。

子育ての捉え方を変えてみるのもおすすめ

また、子育ての捉え方を自分の内面から少し変えてみるのもいい方法です。

子育ては初めての経験です。なので、余裕がないのは仕方ないことなのです。誰でも最初からお母さんになれるわけではなく、子どもと一緒に成長をしていくものなのです。ですので、一生かかってやるぐらいのつもりで構えましょう。

最初から子育ては大変なものだと受け止め、辛いことには笑いを取り込んだり、すぐに結果を求めるのをやめましょう。

こんなこともあるよ、と自分に言い聞かせ、これでいいんだとできたことだけをよかったと心のハードルを下げましょう。

要は最初からできないと思うのではなく、小さな目標を決めて、そこまでできた自分を褒めてあげることがいいのです。

しかし、現実では目の前で子供が騒いでいます。

そんなときに、みなさんがやっている具体的なストレスの対処法をお伝えしますね。

子育てに疲れた人におすすめのストレス解消方法

子供が昼寝をしているときに、好きなデザートを食べてみる、夜、子供が寝静まった後に、好きなテレビ番組を観たり、入浴剤を入れてゆっくりお風呂に入る、また好きなSNSをやったり、子育て掲示板でお喋りしたりするなど、少しでも1人の時間を満喫できるご褒美の時間を作っているようです。

そんな時間がない!!というときは、チョコレートをつまんでみてもいいかもしれません。(最近、イライラに効果があるとチョコレートは人気ですよね)

また、ご主人やご両親に協力してもらう、ベビーシッターさんや一時保育に預けてみるのも一つの方法です。友達と会って、ショッピングに行ったり、カラオケに行くのもいいでしょう。大きな声で歌うことは、色んな意味で効果がありますね。自分だけでなく夫婦でデートをしてリフレッシュするのもいいかもしれません。

実は、イライラ子育てをされてきた子どもへは悪い影響がでてしまうと言われています。
そうなるのは怖いですよね?

ですので、これを機に、イライラの原因は、子どもではないことを冷静に受け止めてみましょう。

これからは子育てをしながら自分にとっての小さなご褒美を見つけたり、ストレスを減らせる自分にあった方法を見つけていって欲しいと思います。

子供にとってのお母さんはたった一人の存在です。どんな時も子供にとってのお母さんの変わりはいないのだと強く感じればイライラも愛おしさへと変わることでしょう。

大切なことはお母さんがいつもリラックスして子育てを楽しんでいること。それが、子供にとってとてもいいことなのです。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

大塚 麻由実さん
心理カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「教育」のその他の記事

2018年7月17日 宮本 章太郎さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
京都で私服高校が減少 制服でLGBTへの配慮はできるのか
京都で私服高校が減少し、制服を導入する動きが強まっています。「制服がある方が統一感があっていい」との意見があるからだそうですが、その一方で起きるであろう問題点、LGBT(性的少数者)への配慮はできるのかを考えていきます。
2018年7月6日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
学校で女子生徒が妊娠・退学。法的に問題ないのか?
今年の文科省の調査によると、公立高校における妊娠実例のうち、32件で自主退学を勧めていたとのこと。このような対応は法的に問題がないのか。安易に退学を勧めるのではなく子供の将来を考慮した対応が重要です。
2018年7月1日 渋谷 亜佐子さん
家庭教育コンサルタント、マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもの知的好奇心を伸ばしたい!知育は何から始めればいい?年齢別に解説
知育は、子どもの発育過程や年齢に合わせておこなうことで子どもの生きる力を養います。年齢によって与える知育玩具などを上手く変えていき、子どもの知的好奇心を伸ばしましょう。
2018年6月23日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
子どもの学力向上と家の間取りの関係 本当に大事なのは
昨今、リビング学習という言葉がよく聞かれるようになりました。リビング学習が可能な間取りは確かに学力向上にも結び付きますが、それ以上に大切なのは子どもが安心して心地よく勉強できる家であることです。

テーマ