JIJICO

佐々木 茂樹さん

ファイナンシャルプランナー

4月から生命保険の保険料が改訂、見直すべきポイントはココ

2018年4月11日

解決!アスクミー JIJICO

死亡・高度障害時の保険料が大きく値下げされた今回の改訂

日本の平均寿命は年々伸びてきています。

例えば、「80歳までに死亡した時には1,000万円の保険金が受け取れる」保険があるとします。寿命が延びることにより、80歳までに死亡する方が少なくなると、保険金を受け取る人も少なくなる、ということです。

今回の改定では、このように期間が決まった死亡・高度障害時の保険(「定期保険」「収入保障保険」)の保険料が大きく値下げされました。

※定期保険→○歳までにもしものことがあったら保険金を受け取れる。
収入保障保険→○歳までにもしものことがあったらその後○年間保険金を受け取れる。

反対に、「もしものことがあったら年齢に関わらず保険金を受け取れる」タイプの終身保険などの多くは値下げの対象とはならないようです。

また医療保険・介護保険など、平均寿命が延びることにより、より保険金を支払うケースが多くなる保険は、保険料が値上がりしました。

パターン別・保険の見直しポイントを紹介

独身の場合は自分自身への蓄えを中心に考えてみよう

独身の方は、まず自分自身への備えを考えましょう。病気やケガをした時の治療費に対応した医療保険や、仕事ができなくなった時などに保険金を受け取れる就業不能保障保険を中心に保険を考えてみるとよいでしょう。

これらの保険は、4月の保険料値下げとは関係のない保険となりますが、死亡時の保険は値下げとなっている可能性があります。加入している保険を確認してみてください。

既婚者・子どもがいる世帯主は死亡時等の保障が重要

既婚の方で、特にお子さまがいらっしゃるご家庭の世帯主は、医療補償だけでなく、死亡時や働けなくなった場合の補償が大切です。

現在加入されている掛け捨て型の死亡保障(定期保険・収入保障保険)などは安くなっている可能性がありますので、見直しをしてみるといいかもしれません。

しかしながら、期間が決まっている掛け捨て型の死亡保障は、全く保険金を受け取れないケースが少なくありません。保険料は高くなりますが、終身タイプの保険に少額加入し、大きな保証が必要な期間は掛け捨て型の大きな保障をかけるなど、組み合わせて考えるのも1つの方法です。

専業主婦がいる家庭では医療保障を中心に検討してみては

また、専業主婦など家庭に入っている人の場合は、医療保障を中心に考えてみましょう。奥様がいなくなると、家事全般などができずハウスキーパーなどをお願いしないといけない場合は、死亡時や就業不能時の保障もかけておいた方がよいかもしれません。

共働き家庭は収入の割合に応じた保障を考えてみよう

ご夫婦お二人が働いているご家庭は、その割合に沿った保障を考えましょう。

ただし、お子さまがいらっしゃる家庭は、国の補償も充実しています。もしもの時に受け取れる保険以外の保障と照らし合わせて、保険金額を決めていただくのがベストです。

商品は同じでも保険内容が変更されているケースもあるので総合的に判断を

終身保険や、貯蓄性の高い保険などは、かえって保険料が値上げになっているケースも考えられます。

しかし、保険料だけでなく内容の変更等も考えられますので、総合的に判断していただきたいと思います。

生涯で支払う保険料はかなり高額になりますので、何より、ご自身の家庭に必要な保障はどんなもので、具体的にいくら必要なのかを把握した上で、保険金額等、保険の加入を考えください。そのために、ぜひ一度ライフプランシミュレーションなどをして、必要保障額の算出をしていただくことから始めてみることをおすすめいたします。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

佐々木 茂樹さん
ファイナンシャルプランナー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年7月16日 片島 由賀さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
増加する介護職員へのパワハラ・セクハラ 解決への糸口はあるのか
介護施設でのパワハラといえば職員から利用者の方への事例がしばしば報道で取り上げられますが、現状は職員側がセクハラやパワハラ被害を受けるケースがかなり多いようです。被害発生の原因と対策等について解説します。
2018年7月14日 橘田 えみさん
整理収納コンサルタント・防災備蓄1級プランナー
解決!アスクミー JIJICO
夏の災害備蓄!飲み水30L+栄養補給(ゼリー飲料)で猛暑の断水対策を
夏の災害時、熱中症を防ぐにも、自宅の備蓄水を充分に!そして、 暑さをしのぐ防災食に欠かせないのが「ゼリー飲料」。手軽なうえ、おいしく、エネルギー補給はおにぎり1 個分!冷蔵+冷凍庫に備蓄をおすすめします。
2018年7月12日 米田 創さん
寝具小売店主
解決!アスクミー JIJICO
布団の入れ替えをするときに「圧縮保存袋」は大丈夫?おすすめの収納方法は
布団、特に羽毛布団はかさばりますよね。収納スペースの関係で圧縮袋を使いたいけど、布団は問題ないの?とよくご質問を受けますので、おすすめの収納方法とあわせて解説いたします。
2018年7月11日 山下 幸子さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
震災に備え「地震保険」に入るべきか 仕組みや検討すべきポイントを解説
地震が多い日本の特質や今後の大震災の可能性を考慮すると「地震保険」に入るべきであると考えます。地震保険の加入にあたって検討すべきポイント、仕組みや保険料、補償額について解説します。

テーマ