JIJICO

北 宏志さん

中国ビジネスアドバイザー

日本企業は中国ビジネスを成功させることはできるのか?

2018年11月15日

どれだけの覚悟を持てるかがポイント

タイトルにもしている「日本企業は中国でビジネスを成功させることはできるのか?」という問いですが、答えを言うとできます。

ただし、やり方と覚悟をどれだけ持てるかがポイントです。昨今、多くの日本企業が世界最大規模のマーケット中国に進出しています。中国ビジネスで成功している企業も数多くある半面、日本では大手と言われている企業でも苦戦を強いられているのが現状です。撤退を決めた企業も多数存在しています。

とことん接触して酒や議論を交わすことが大切

先日、ミャンマーでビジネスをして大活躍している先輩と話をする機会がありました。

「生きていくためには、それなりの準備とがまん、アイデアが必要で、失敗なんて数えきれないほどある」「現地の人を理解せずに、任せっきりにして月に数回通ってくるようであれば間違いなく失敗する」と話していました。

先輩の話を聞き、中国で駐在していた3年間、現地の人と同じ生活をして、同じ食べ物を食べ、一緒に遊んでたくさんの失敗(経験)をしたことを思い出しました。

「中国のことは中国人が一番よく知っている」

これは私が中国で失敗から学んだことです。うわべだけの信頼関係ではダメ。酒を酌み交わし、議論を交わし、その国の人を理解するまでとことん接触する、ということを学びました。

これはどこの国においても同じで、日本企業が海外進出を成功させるためには必要なことです。その国でビジネスをすると決めたら、その国で家を借り、友達をつくり、その国に根差した生活を送ることが成功の第一歩なのです。

海外ビジネス成功の近道は「相手をよく理解し尊重すること」

私は日本製ランドセルの中国での販売に着手し、3年間で着任時の9.7倍の売上アップを図ることができました。これは、たくさんの中国人の友人たち、そしてスタッフたちが協力してくれたおかげです。

中国ビジネスにおいて、例えば「EC販売」「ウェブマーケティング」「インバウンド」「AI(人工知能)活用」などがキーワードに上がってくると思いますが、テクニックを活用する前に、中国人の思考や文化、考え方に触れ、理解をすることが大前提です。まずは訪問してみて一度生活をし「この人たちと一緒にビジネスがしたい」とか「この人たちに自社の商品やサービスを買って喜んでもらいたい」と感じることが大切です。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

北 宏志さん
中国ビジネスアドバイザー

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年7月10日 堀田周郎さん
ブランディングコンサルタント
今治タオル実習生の不当労働報道から思う。ブランドは誰のもの?
今治タオルを扱う縫製工場で働く技能実習生の劣悪な労働環境が報道され大きな波紋が広がっています。ブランドの所有者は企業、お客さまに加えて従業員、社会のものになりました。貴方にはその認識があるでしょうか?
2019年7月2日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
品質相応の価格で販売出来ないことが引き起こす悪影響を考える
品質の良い商品には相応の開発コストや製造コストがかかっており、必然的に価格は高くなるはずですが、最近では安く提供されるケースも増えています。良い品が安く提供されるのは買い手にとっては良いことですが、果たして良いことばかりなのでしょうか?
2019年6月28日 新井 一さん
キャリアカウンセラー
会社員のまま起業準備することが退職後の安定した人生につながる!?
「副業解禁」の流れが加速しています。それはつまり、「将来は自分で何とかしてください」というメッセージでもあります。今、会社員のうちに「稼ぐ力」を身に付けておくことが、求められているのです。
2019年6月21日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
中小企業は儲かる市場を狙ってはいけない
規模の大きな市場や成長市場に参入したいとお考えの経営者様も多いのではないでしょうか。しかし、それらが中小企業にとって理想の市場とは限りません。では、どういった市場が中小企業にとって適切でしょうか?

テーマ